salad-1607498_640

健康を考えると野菜から取れる栄養はとっても大事ですね。

安全な野菜と言えばこのブログでも言っていますがオーガニック野菜(有機野菜)が

思い浮かぶのではないでしょうか。

 

しかし、実はオーガニック野菜は絶対に安全とは言えず、

むしろ人体には悪い影響をもたらしている場合があると近頃は言われています。

 

ではなぜ体に悪いような事が言われているのか、

ここではオーガニック野菜について悪く言われている理由について説明します。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

オーガニック野菜とは

vegetables-1350275_640

そもそも、オーガニック野菜とはどういった物の事をいうのでしょうか。

それは農林水産省が定めている、有機JASの規格で作られた物を言います。

 

有機JASの規格では、2年以上農薬や化学肥料を使っていない畑で

作られた野菜はオーガニックや有機野菜として取り扱えます。

 

この2年間は例えば近くの畑で使用した農薬がとんできてもいけません。

このように厳しい基準で定めたものを言います。

 

オーガニックと野菜もどきに注意

organic-78922_640

注意したいことが、まず、こちらの有機JASの基準を満たさずに、

勝手にオーガニック野菜や有機○○と名付けしまっているものが

たくさんあると言う点なんです。

 

何とかしてたくさん売りたい場合に、

勝手にオーガニックと表示してしまうという事です。

 

そうすればやはり沢山野菜をる事が出来ますし、

価格も高めに設定して売ることができます。

 

そういった、オーガニックもどきも

ゴロゴロ販売されているので注意したで下さい。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

オーガニック野菜が危険と言われる理由

 

オーガニック野菜が危険と言われるのは肥料に有ります。

化学肥料を使わずに、有機肥料を使用すれば

オーガニックと表示することができるのです。

 

なぜ有機肥料なのに危険なのか?

有機肥料は大きく分けると2つの種類があげられます。

1つは、草を発行させたり米ぬかなどから作る植物性の肥料で、

もう一方は家畜の糞や尿などを発酵させて堆肥に変える動物性の肥料です。

 

どちらも有機肥料なので、このどちらを使っても

有機○○やオーガニックと表記出来ますが、

じつはこれらの2つというのはまるっきり異なるものです。

 

植物性の肥料は、草などが原料になり野菜と同じ様な物を

肥料に変えるので安全であるだと評価されています。

 

しかし、動物性の肥料はその危険性が発表されています

 

なぜ危険かと言いますと、動物性の堆肥は、

野菜が窒素を吸収するせいで硝酸性窒素が人間の体内で増えると言われています。

ですので有機野菜だとしても、

身体の中に発がん性物質が作り出される危険性があるという事です。

 

オーガニック野菜は安全かは、きちんと確認が大事

organic-75586_640

オーガニック野菜が危険と言われているいる理由がわかりましたでしょうか?

 

では、危険と言われている理由が分かったとしても、

今度はどこから安全な野菜を買えばいいかですわからなくなっちゃいますね。

 

安全な野菜の選び方は、オーガニックと書いているから安全と思わずに、

だれがどうやって野菜を育てているかわかる所から

購入する事が安全な野菜を食べる方法です。

 

生産者の顔と生産方法がわかれば、安心出来ますね。

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!