butter-596296_640

食品の中でも、特にマーガリンは危険な食品としてよく取り上げられますね。

ここではなぜマーガリンが危険だと言われているのか紹介します。

 

マーガリンは本当に危険なのか?

あなたは、マーガリンの原料を知っていますか?

 

精製した油脂に食塩・発酵乳・ビタミン類が含まれ、

乳化させたものを水素化し固体にしたものがマーガリンです。

 

植物性油・動物性油の2種類のマーガリンがあります。

油脂の含有量の違いで「マーガリン」「ファットスプレッド」と区別されています。

 

マーガリンはプラスチックと同じだった?

lego-blocks-1649909_640

むかし「マーガリンはプラスチックと同じだった」と言われていたのは知ってますか?

正確に判断すると間違いなんですけどね。

 

でも、なぜ同じと言われたのか、気になりますね。

マーガリンとプラスチックが同じと言われた理由、それは、「硬化油」が原因です。

 

硬化油は工業用油としても原料となるため、プラスチックと同じだと表現されてしまったのです。

 

硬化油はマーガリンを作る過程でトランス脂肪酸を作り出します。

危険性が大きいのは、硬化油よりもこの「トランス脂肪酸」と判断するのが正しいと言えます。

 

マーガリンのトランス脂肪酸が危険

butter-1449453_640

トランス脂肪酸は、マーガリンやファットスプレッド・ショートニングなどに含まれます。

 

多く摂取すると、虚血性心疾患の発症の恐れがあります。

トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし、血液の流れを悪化させます。

いわゆるドロドロ血です。

 

血圧や血糖値に関係したあらゆる病気の原因になり、摂取の制限が必要です。

 

いまではマーガリンの製造会社は、このトランス脂肪酸の危険性を重く受け止め、

人体に影響のない商品に改良が進んでいます。

 

菓子パンやドーナツを製造する企業では、マーガリンをトランス脂肪酸の減量タイプに変更し、

安全性をアピールしています。これからもそのような企業商品が多くなると考えられます。

 

海外では規制されているトランス脂肪酸日本では?

 

トランス脂肪酸の日本の規制は、海外と比べ全く進んでいません。

それは、海外と日本とでは食文化が異なり、

トランス脂肪酸の日常的な摂取量も大きく異なると考えられたからです。

 

その他の食品との食べ合わせも異なり、人体への影響は変化します。

 

海外のトランス脂肪酸の問題はとても大きな問題として取り上げられていて、

商品には、その量を表示しなくてはいけないなど、厳しい義務があります。

 

しかし、日本はまだまだこのトランス脂肪酸については規制されていません。

海外では規制されるほど、危険なものとして扱われているにも関わらず、

日本では規制されないのはとても不思議な事です。

 

マーガリンはトランス脂肪酸が含まれている物だということを知り、

決して多く食べ過ぎないように注意して下さい。

 

マーガリンが好きで毎日食べている方は、

トランス脂肪酸の少ない商品を利用することをおすすめします。

 

子供がマーガリンを好むようなら、バター入りを勧めてみるのもいいと思います。

 

自分なりにトランス脂肪酸を取り過ぎないような工夫を考え、

健康を害しないように対策することが求められています。