food-1823197_640 

食品添加物はとても危険!

そして、なるべく入っていないものを食べなくてはいけないことは、

あなたも知っていますよね。

 

でも、食品添加物の危険性については詳しく知っている方が

どれほどいるのでしょうか。

食品添加物は発がん性の恐れもあり、人命にかかわる物質です。

 

正確な知識を得て、毎日の食事を安全なものにしていきましょう。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

食品添加物の種類とは

・比較的安全な加工するうえで必要な添加物(重曹・寒天・にがり等)

・食品の見た目を良くするための添加物(科学調味料・香料・着色料等)

・商品を安く製造するための添加物(ph調整剤・品質改良剤・色調保持剤等)

・毒性が強い合成添加物(合成着色料・発色剤・合成甘味料等)

 

1500種類もの食品添加物を大きく分類すると、

このように4つのグループに分けることができます。

 

その中でも注目しなければいけないのが

発がん性の疑いもある「毒性の強い合成添加物」です。

 

発がん性のある「合成添加物」とは?

毒性が強い合成添加物とは、

「発がん性」「変異原性」「急性毒性」「催奇形性」の4つの危険性を特徴に、

人体に大きな影響を与える添加物です。

 

その役割は、着色料・防カビ剤・保存料・酸化防止剤などが挙げられます。

 

成分表記には、それらは化学物質名で記されているため判断がしにくく、

とりあえず「無添加」と表示された商品を選んでしまう方も多いと思います。

 

でも、これだけは覚えておきたい合成添加物があります!

「発がん性の疑いがある合成添加物」です。

・亜硝酸ナトリウム

・過酸化水素

・BHA

・ソルビン酸

・臭素酸ナトリウム

この5つです。

 

これよりも危険性の強い物質は、国の規定で厳しく制限されていますが、

発がん性物質については、食べる量とその頻度により

危険性が増すという解釈で、比較的緩い基準値に定められています。

 

一般的な食べ方であれば問題ないのですが、

免疫が弱っている方、子供や高齢者などは

大きな影響を受ける可能性もあります。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

食品添加物の危険性は大人より幼児が危ない

baby-443393_640

幼児における発がん性物質の危険性は、

大人の場合よりも大きくなります。

 

それは、免疫力が大人よりも低いため病気にかかりやすく、

内臓の機能がまだ未熟なため、大きな長期的治療が必要な病気にも

かかりやすくなります。

 

がん細胞は、成長する力の強い幼児は細胞分裂のスピードも速く、

進行性のがんになる確率も高くなります

 

幼児のいるご家族には、ぜひ、添加物に注意し、

食事を与えるように注意してほしいと思います。

 

自宅で調理することを基本に、調理済み商品は

「無添加」のものを選んで利用するようにしましょう。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!