food-1199392_640

食物添加物は、人体に様々な影響を及ぼします。

それは、食べた量や頻度により、病気になる可能性も大きく、

誰もがその危険性を知っておく必要があります。

 

「食品添加物は危険だ」ということは知っていても、

どのような病気になるのか分からないという方に、知って欲しい情報です。

 

食品添加物を取ると便秘やニキビが出る理由

acne-1606765_640

食品添加物を多く摂取すると、身体の免疫が低下します。

 

免疫は脳と連携し、ウィルスや侵入物に対して防衛する指令を出す役割があるのですが、

その働きが不十分になっていきます。

その結果、身体にさまざまな症状が現れます。

 

初期症状として現れることが多いのが、じんましん・便秘・ニキビなどです。

一見、ちょっとした体調不良ではないかと思われがちな症状ですが、

放っておくとがん・アレルギー・アトピー・喘息など、

免疫に関わる病気へとつながってしまいます。

 

スキンケアを徹底しているのに、症状に変化がないと思われる場合は、

体内からの影響を考えてみましょう。

 

特に、酸化防止剤・香料が多く含まれたカップ麺・インスタント麺を毎日食べていると、

便秘やニキビに悩まされるようになります。

 

一人暮らしの若い学生に多い症状で、自炊ができない場合に簡単に食べられる食品を

選んでしまうことが原因と考えられています。

 

添加物は悪いものだと知っていても、自分の身体にどれだけ悪い影響が

出ているのか分かりにくいことが、大きな病気につながってしまう理由の一つです。

 

便秘やニキビは体内からのサインだということを知り、

何らかの対策を取るように心掛けましょう。

 

食品添加物で体調不良の対策

joy-233380_640

食品添加物はほとんどの加工食品に含まれていると言っても過言ではありません。

その添加物の危険度は異なり、国により規定が定められています。

 

規定内の量の添加物は、含まれていても健康に問題はないと考えられています。

でも、それは一般的な食事方法での見解です。

添加物の多い食品を頻繁に食していれば、高い確率で身体に症状が出ます。

 

便秘やニキビがひどい場合に、食事を見直すことが必要と考えられるのは、

このような添加物を体外に出すことが重要だと判断されるからです。

 

便秘を解消し腸内環境を改善することで、毒素は次第に減っていきます。

ニキビは腸内環境の悪化や内臓の不調により増えてしまうことがあり、

この方法は最適と考えられています。

 

でも、気付くのが遅れてしまった場合は、

内臓機能を回復させるための治療が必要になります。

 

初期症状のうちに添加物を疑い、対策するようにしましょう。