fruits-82524_640

果物はスムージーや野菜ジュースに毎日使用する方も多く、生で食べられる食物として、好まれています。「朝の果物は金」と表現されるように、朝食に食べる果物は健康のためにもとても良いと昔から言われていますね。

果物は皮ごと食べるものもあり、その安全性はとても大切です。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

安全な果物とは?

安全性を見分けるには、見た時にカビが生えていないか、潰れて汁が出ていないか、色が変化していないかで大まかな判断は可能です。

しかし、栽培されている現地の情報はなく、商品を見ただけで正確に判断することは難しいです。

 

安全な果物を選ぶにはどんな果物が危険なのかを知るのが大事です。

危険な果物とは、皮にワックスが塗られている物、農薬がたくさん使われている物、酸化防止剤が使われている物などがあります。

 

果物の中には、ポリフェノールが多く含まれている種類が多く、酸化してしまうと黒っぽく変色してしまうのが特徴です。

変色するべき商品が変色せずに長期間保存できる場合、何等かの添加物が含まれていると考えることができます。

strawberries-1303374_640

イチゴは変色しやすい果物です。パックの表面に長い時間触れていると、ポリフェノールにより紫色に変わります。

放っておくとピンク色に変わり腐れていきます。

紫色になっている部分ができないよう、最近ではスポンジが敷かれ1段並びになる商品もあり、それらは比較的鮮度が保たれていると言えると思います。

外国産の果物の安全性は?

apple-1589874_640

外国から輸入される果物は、船による運搬が一般的で、「バナナ」「ブルーベリー」「キウイフルーツ」が有名です。

中でも「バナナ」はカビが生えやすく、「ブルーベリー」は潰れやすいためにカビが生えやすいなどの事例があります。

農薬が多く使用される果物は、「リンゴ」です。

日本では、規制が厳しいため農薬の使用は少ないのですが、輸入の商品は海外の基準による制限になるため、農薬が多く使用される危険性も考えられます。

危険な果物を食べるとどうなる?

危険な果物を食べると、アレルギーや下痢などの症状を起こします

長期間続けて食べると、農薬による危険物質が人体に与える影響はとても大きくなります。

それは、生で食べる事が多い果物だからこそ考えられる影響です。

 

安全な果物の選び方は?

farm-1837298_640

安全な果物を選ぶには、危険な果物を避ける事が大事です。

危険な果物は、

皮にワックスが塗られている物

農薬がたくさん使われている物

酸化防止剤が使われている物

海外から輸入されてきた物

このような果物は避けましょう。

ですので、出来るだけ日本産でワックス、農薬、酸化防止剤など薬剤を使われていないものを選びましょう。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

安全な果物を購入するには?

安全な果物を購入するには、安全性を確かめながら購入できるサービスをおすすめします。

宅配野菜で利用している調査機関が果物を定期的に調査してくれるのです。

果物に含まれる残留濃度・放射能検査は、安心して食べるために必要な検査です。

また、宅配野菜で扱っている果物は、野菜と同じく、農薬を使用せず質の良い土づくりからこだわっています。

栽培方法や状況を常に公表し、消費者が確認できるのもとても安心出来ますね。

 

安全な果物選びの参考にして下さい^^

宅配野菜サービスのおすすめランキング!

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!