%e3%82%89%e3%81%a7%e3%81%83%e3%81%a3%e3%81%97%e3%82%85%e3%81%bc%e3%83%bc%e3%82%84

無農薬野菜が安全と言っていますが、なんとらでぃっしゅぼーやは、

無農薬ということではなく低農薬としています。

 

らでぃっしゅぼーやが無農薬野菜しか販売していないと感じられる人は少なくありませんが、

どうして無農薬ではないだろうか?

健康に農薬が影響は及ぼさないのか?

気になると思いますね。

 

それでは、どうして低農薬と表記しているのかを説明していきます。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

らでぃっしゅぼーやが無農薬ではない理由は?

%e8%be%b2%e5%ae%b6

らでぃっしゅぼーやは無農薬ではなく低農薬だと説明しました。

 

ではどんな農薬でも農家に任せて使用していいのでしょうか。

それについて、答は「NO」です。

 

らでぃっしゅぼーやでは安全で安心な野菜を取り扱うために、

使っても良い農薬や使用量において厳しく、農家と約束を結んでいるのです。

 

そこで気になるのは、らでぃっしゅぼーやの低農薬の基準ですね。

 

なんと正確に国で決められた、低農薬のルールというものはないのです。

一定の決まった農薬使用量以下で野菜を育てれば低農薬というわけです。

 

こういったあやふやなルール上で農産物の栽培を丸ごと作り手の判断にまかせるかと言ったら、

らでぃっしゅぼーやはそうではありません。

 

らでぃっしゅぼーやではもちろん、農薬に対しての取り組み方を適切ルールを作っています。

 

それらのルールとして、一つ目は「反農薬」が基本です。

あれ?と思いませんでしたか。

 

低農薬として農薬の使用を少しでも認めておきながら、

反農薬と言うのは考え方が逆のように感じますね。

 

でも反農薬の考え方を見てもらえれば、納得してもらえます。

 

反農薬とは

反農薬というのは基本にあるのは農薬を使わないが、

避けられない状態の時(農産物が病気の際などについては)だけであれば使用する事を認めているのです

。使用する時のルールとして、使用する際にも状況が許す限りわずかな量ですむことを意識して、利用した農薬は明確に発表しています。

反農薬のほかにも決めたルールが有ります。

  • 土壌消毒は行いません
  • 除草剤は使いません
  • 有機堆肥を使います
  • 自家食用と同じものを出荷します

 

農薬と耳にすると、危い!高リスク!といった印象ですが、

有効活用する事で、生産者にも農産物をつくり出しやすいようになって、

消費者に対しても安心できる野菜を変わることなく味わうことが出来ますから、

低農薬はらでぃっしゅぼーやにも農家にも消費者にも、

三者に大きな利点があるわけですね。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

らでぃっしゅぼーやは無農薬じゃなかった。危険!?まとめ

corn-691634_640

らでぃっしゅぼーやは無農薬ではなく、低農薬とう事がわかりましたが、

危険かというと、まったく危険ではない事もわかりました。

 

スーパーなどで販売している野菜は大量生産しなければいけないため、

沢山の農薬を使用します。

 

しかし、らでぃっしゅぼーやで使用する場合は、病気の時など緊急事態の時などです。

人間で例えるのであれば、病気の時に薬を飲むような感じですね。

 

そして使用した農薬はきちんと表記をして販売されます。

 

土壌消毒も除草剤も使用しなければ、野菜の栽培はとっても手間暇がかかりますが、

消費者の為に最小限しか農薬を使用せずに、安全で安心出来る野菜を作っているのですね。

 

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!