sign-1732791_640

無農薬野菜は危険と言われているのをご存知ですか?

なぜ危険と言われているか気になる所ですね。

 

ただ単に、農薬推進派が「無農薬は危険だ危険だ!」と騒いでいるだけではありません。

 

危険と言われる理由は、近畿大学が発表した研究結果にあるようです。

無農薬野菜が危険だと言われる理由について調べてみました。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

無農薬野菜が危険だと言われる理由

microscope-275984_640

2007年、近畿大学のある研究が紹介されました。

その内容は「生体防御たんぱく質」の研究結果についてでした。

 

研究方法は、リンゴを、無農薬・減農薬・一般栽培の3スタイルで成長させた状況で

「生体防御たんぱく質」が一番多く作られるのはどの栽培スタイルかというものです。

 

「生体防御たんぱく質」とは、そのまま読んで字のごとくですが、

生体を防御するタンパク質の事を言います。

 

色んなストレスを受けた植物は、そのストレスに対抗する為、

これらの生体防御反応を見せます。その時に生み出されるのが生体防御タンパク質です。

 

そして、その研究で生体防御たんぱく質が一番多く作られたのが無農薬栽培だったのです。

 

その 次に多かったのが、減農薬で栽培された野菜になります。

 

そして一番少なかったのが 一般栽培のリンゴでした。

 

無農薬野菜はなぜ危険なのか?

この生体防御たんぱく質がなぜ危険なのかというと、

もともとアレルギーを持っている人にたいしてアレルゲンとして

働きかけることが多いからです。

 

要するに、アレルギーを酷くさせてしまう可能性があるというものです。

 

しかしこの研究結果で出てきた「生体防御たんぱく質」は、

物体それ自身に有害性があるわけではないのです。

 

こうした無農薬のリンゴを食べて、いつもより強いアレルギーを起こす可能性があるから、

危険な作物だと言い張る方が誤った話です。

 

リンゴ単体の反応だけを見れば、一般栽培の方が「生体防御たんぱく質」の量が少ないので

安全との見方はあるかもしれません。

 

ただ、残留農薬の危険性を見れば明らかに無農薬野菜の方が安全であると言い切れます。

 

農薬自体は、化学的に作られた人体に影響を及ぼす危険性の非常に高いものが沢山使用されています。

 

この研究結果にはそのような残留農薬の危険性や、人体への影響は含まれていません

 

残留農薬の危険性などを含んだ上でどちらが危険なのか、

再度検証する方がいいのでは?と個人的に思います。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

無農薬野菜は危険!買うなら農薬使用の野菜?まとめ

scales-147219_640

無農薬野菜が危険と言われるのは、

近畿大学の研究結果で、生体防御たんぱく質が一番作られたのは、

無農薬で作ったリンゴだったという研究結果を受けて無農薬野菜が危険だと言われています。

 

ただ、ここには先ほど書いたように、残留農薬などの危険性は含まれていません。

 

農薬の危険性についてあの人に聞いてみました。の記事にも書きましたが、

農家の方は自分たちで食べる分と、一般的に販売する野菜はわざわざ分けて育ててる所もあります。

 

畑を分ける理由は、自分達が食べる野菜は農薬を使わずに育てたものを食べたいからです。

 

実際に野菜を栽培している農家の方がそれだけ気を使っているのですから、

 

この点から見ても、農薬の危険性が見て取れますね。

 

無農薬野菜が危険と言われていますが調べてみると、だからどうしたの?という結果で、

むしろ農薬の方が危険じゃないのと言える結果となりましたね。

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!