一般家庭でもよく使われる農薬の一つとしてダイアジノンが有りますが、

農薬と聞くと体への影響は大丈夫?って思いますよね。

 

 

特にダイアジノン大根などに使われることが多いようです。

 

 

日本で使用できる農薬は農薬取締法という法律にのっとって

販売や使用を許可されています。

 

 

ですので、基本的には安全であると言えるのですが・・・

 

 

大根にも使われるダイアジノンが確実に安全であると言えるかどうかについて

調べてみました。

 

 

ダイアジノンとはどんな農薬?

ダイアジノンとは、日本で市販されている殺虫剤です。

一般的にも販売されていますので、家庭菜園などに使用される方も多いです。

 

 

野菜につくアオムシ、アブラムシ、ケラ、コガネムシの幼虫、ネキリムシ

などを主に退治します。

 

 

適用作物もとっても多く、大根、キャベツ、玉ねぎ、トウモロコシ、

かぶ、白菜、ブロッコリーなど様々です。

 

 

このように適用作物も多く、いろいろな種類の害虫にも効き目があるので、

とても重宝されています。

 

 

しかし、農薬は薬です。害虫に効き目がある分、人体の影響も気になる所ですね。


 

ダイアジノンは薬ですから、大量摂取すると大変危険です。

 

 

万が一大量に摂取してしまうと、

頭痛、嘔吐、けいれんなどの症状を起こしてしまいます。

 

 

しかし、当然これらの症状は取りすぎた場合です。

 

 

普段摂取する野菜の農薬では問題がない範囲と言えます。

 

 

ただ気になるのは、このダイアジノンは

おそらく発がん性の可能性がありと、国際がん研究機関が発表したことです。

 

 

おそらく発がん性の可能性がありと発表されたのはダイアジノンだけではなく、

以前にも紹介した、グリホサートやマラチオンも

同じように危険性が発表されています。

 

関連記事⇒グリホサート系除草剤は発がん性の可能性あり?

 

 

グリホサートについてはとても大騒ぎになりましたが、

ダイアジノンについては同じ危険性でありながら、

そこまで大きくは取り上げられていませんでした。

 

 

たぶんこれは認知度の違いではないでしょうか。

 

 

グリホサートはラウンドアップという商品名で販売されていて知名度が高い分、

騒ぎも大きくなったと思われます。

 

 

いずれにしましても、グリホサート、マラチオン、ダイアジノンは

おそらく発がん性の可能性があり危険なものであると言えるのではないでしょうか。

 

ですので家庭菜園で大根を育てるにしても、少量の農薬使用だとしても、

可能性がある限りは使用しない方がいいと思います。

 

ダイアジノンを使用する事で、人体以外にも影響があります。

 

 

一度使用した農薬はその効果がすぐになくなりません。

その為、水道の原水や地下水や河川を汚染し環境汚染につながります。

 

 

また、農薬を使用すると雑草や虫を退治できますが、

そのうちその薬の効果に耐えられる雑草や虫が現れます。

 

 

その為、さらに強い農薬を使用しなけれればいけなくなり、

人体への影響がさらに強くなってしまいます。

 

ダイアジノンは大根に使える?でも毒性は?まとめ

%e7%95%91

ダイアジノンについては大根など幅広い野菜に使用できて、

退治できる害虫の数も非常に多いです。

 

 

しかし、便利な反面やはり薬である事は忘れていけないと思います。

農薬を使用するとすぐに効果は無くなりませんので、

当然野菜には残留農薬として残ります。

 

 

法律でいくら取り締まられているからと言っても、

毎日食べ続けると体の中にも農薬が蓄積されてしまうのは恐ろしい事ですね。

 

 

また発がん性の疑いもありますし、

特に小さなお子さんは大人よりも体が小さいので

農薬から受ける影響が大きくなります。

 

 

家族の安全を守るには、やはり出来るだけ農薬を体に取り込まないように

する事が大事ですね^^