alphabet-blocks-1835658_640

葉酸が妊娠中に必要な成分であることはご存知ですよね。

でもなぜ、妊娠中に必要なのか?わかりますか。それは、血液を作る働きを助けてくれる効果があるからです。

 

妊娠中は赤ちゃんにも血液が必要になるため、母体の血液が少なくなり、貧血になってしまう恐れがあります。

医療機関で葉酸を摂取するように指導されるなど、葉酸の摂取はとても大切なものと考えられています。

 

葉酸が必要になるのは妊娠中だけ?

omar-medina-films-1612683_640

葉酸は、妊娠する前から、つまり妊活の状態から摂取しておくといいと言われています。

妊娠が分かる前から血液対策ができるので、身体の状態を損なうことがありません。

葉酸が不足しているとDNA生合成に支障がでることもあり、赤血球の病気や悪性貧血になるなど、病気の恐れもあるのです。

妊活している場合の摂取量は1日0.4mg(400µg)摂取しなくてはいけません。

 

 

葉酸が多く含まれる食材とは?

vegetables-1125420_640

葉酸が多く含まれる食材は、レバー・緑黄色野菜・果物ですね。

緑黄色野菜は、色の濃い野菜だけでなく様々ありますが、葉酸は加熱することでなくなってしまうので、生で食べられる野菜が対象になります。

中でもほうれん草は葉酸が多く含まれていて、生で食べられるスムージーが人気です。

また、苦味が少なくサラダでも食べられる「サラダほうれん草」もありますね。

生で野菜を食べるのは、サラダのドレッシングの味を変えるなど、定番になりやすく飽きやすいので、スムージーなどで食べ方を変えてみるといいですね。

 

【参考ページ】

安全な生野菜選びはコチラ⇒安全な生野菜の通販はコチラ!おすすめはランキングも有ります

 

葉酸は適度な摂取が大切

m020631

葉酸は、少なすぎるとがんになりやすくなると言われています。

妊娠だけでなく、病気の薬剤治療によって葉酸が不足してしまう場合も、注意しなくてはいけません。

逆に、摂り過ぎると「葉酸過敏症」になり、蕁麻疹・呼吸障害・発熱・紅斑などの症状が出る場合があります。

自然な食材による摂取は多く採り過ぎても、病気にならないなどの研究結果もあり、化学的に検証されるのは、もう少し先になりそうです。

この研究は世界中で進行中です。世界中の女性がこの研究の結果を注目して待っています。

 

 

葉酸は、妊活・妊娠中は不足しないよう摂取する必要がありますが、「葉酸をとらないといけない!」と逆に葉酸がストレスになってしまう方もあるようです。

考えすぎず、定期健診の結果を参考に、医師と相談しながら対策していくことをおすすめします。