%e8%be%b2%e5%ae%b6

健康を考えたときに、野菜をたくさん食べる事を考える方が多いのではないでしょうか?

その時に農薬を使っているかいないかという点も気になると思います。

 

残留農薬が体に悪い事は多くの所で言われていますが、

無農薬野菜の何がいいのかわからないといった声もあります。

 

ここでは無農薬野菜のメリットを紹介して行きます。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

無農薬野菜のメリット

 

①安全だから安心

②環境保全

③栄養価が高く味が良い

 

①安心して食べられる

農薬には厳しい基準が設けられているので、人に害があるとは言えませんが、

全ての農薬が絶対人体に影響がないかというと多少の不安は少なからず残りますね。

無農薬野菜ではそのような不安が一掃されるので安心して食べられます。

家族の健康を考えるなら無農薬がいいですね。

 

②環境保全

農薬を一度使用すると、すぐには無くなりません。

農薬をしようした土地に残ってしまうのです。

その上でまた新たな農薬を使用するとドンドン濃度が濃くなります。

その貯まった農薬は地下水などにも溶けだし、地下水の環境を汚染する事も過去に起きています。

農薬を使用しなければこのような環境被害は起きないですからね。

 

栄養価が高く美味しい

無農薬で育てられた野菜は栄養価が高く美味しいと評判がいいです。

なぜ栄養が高くなるかというと、無農薬の土の中には微生物がたくさんいるからです。

野菜は栄養をこの微生物から取ります。

カルシウム、マグネシウム、マンガン、鉄、亜鉛、銅などのたくさんのミネラルが採れるのです。

こうしてたくさんのミネラルを取る事で野菜は旨味や甘味がしっかりとついてきます。

これが無農薬野菜が栄養価が高く美味しくなる理由です。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

無農薬野菜にはメリットが多いが実は安全ではない

tomato

無農薬野菜はメリットが多いのですが、無農薬野菜だから安全は勘違いです

 

なぜなのかを知るには、無農薬野菜の定義を知ってもらえれば、

わかりやすいと思います。

 

無農薬野菜とは、栽培期間中に農薬を使用しないで作られた野菜の事を言います。

 

そのままやん!と言われそうですが(笑)

大事なポイントは栽培期間中にという事です。

 

栽培期間中に農薬を使用しなければ無農薬野菜になりますから、

栽培期間前に農薬をいくら使用していようが無農薬野菜と表記出来てしまいます。

 

農薬は一度使用するとすぐには無くならず、

完全になくなるまでには時間がかかります。

 

その状態で新たに野菜を育てるとなれば、

残っている農薬の影響を少なからず受けてしまいます。

 

ですので、無農薬野菜だから、まったく農薬を使用したことが無い畑で

育てられたかというとそうではないのです。

 

このことから無農薬野菜だから100%安心とは言えません。

 

あなたが無農薬野菜を選ぶ際には、どんな生産者が作っているのか確認できて、

農薬の管理がキッチリと出来ている所から購入するようにしましょう。

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!