vegetables-752153_640

有機野菜と聞くと、

  • 安全な野菜
  • 体にいい
  • 栄養価が高い

と、いい点ばかりが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

農薬を使用せずに育てられているので、安全で、体に良くて、

栄養価が高い野菜が作られていると思いますよね。

 

でも実は有機野菜だからと言って、まったく農薬が使われていないのではないんです。

驚きですよね。

 

ここでは有機野菜の定義について説明していきます。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

有機野菜とは

jas%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af

有機野菜は前の記事でも書きましたが、オーガニックと同じ意味です。

自然の力を利用して作物を育てたり加工したりする方法の事を言います。

 

“有機”の名前を付けて販売するには農林水産省にて制定された

有機JAS規格に適合していなくてはなりません。

 

その定義は

・基本的には農薬や化学肥料を使わない

・農薬を使う場合は、使用が認められているものを使用する

・肥料を使用する場合は有機肥料のみを使用する

・圃場は最低3年以上農薬を使っていない

・有機肥料であっても化学薬品や重金属が含まれないものを使用する

・栽培によって環境を破壊しない

・労働条件を厳守している

・環境・衛生管理の整備

・上記に関する管理プログラムの制定とその実施

・上記に付帯する全ての事項に対する第三認証機関による検査と認証及び年次更新

 

このように厳しい取り決めが有ります。

 

しかし、農薬については、使用してはいけないと記載はありません

逆に農薬は使用を認められたものであれば使用してもいいと記載が有ります。

 

有機野菜に使ってもいい農薬ってどんなもの?

hand-1218086_640

農薬とひとくくりにするとすべてが危険であるイメージですね。

もちろん使用しなくていいのであれば使用しない方がいいです。

 

しかしJAS法で認められている農薬はどんな物か気になる所ですね。

 

JAS法で認められている農薬は化学的に合成されたものは避けられています。

 

同じ成分であっても人工的に薬を混ぜて作られたものはアウトで、

自然由来の成分のものはセーフとなります。

 

例えば炭酸カルシウムというものが有りますが、

化学的に合成されたものはアウトですが、

天然の鉱石を砕いたものはセーフです。

 

このように、最大限危険性を排除したうえで、

最低限の農薬を使用する事は認めています。

 

このことから有機野菜=無農薬ではないと認識出来ますね。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

有機野菜=無農薬は間違ってますよ!まとめ

%e9%a3%9f%e4%ba%8b

有機野菜は極力農薬を使用する事を避けて、

自然の力で育てられたものを提供するように出来ています。

 

でもここで気になるのは、同じ農薬として扱っているのに、

なぜ使っても良い農薬と、使ってはいけない農薬に分けられるのかという事です。

 

私が思うのはやはり、化学的に作られた農薬は危険性が少なからずあり、

環境を破壊してしますおそれがあるからだと思います。

 

だってそうですよね、もし農薬全てが危険でなければ、

使っていいものとダメなものに分ける必要が有りません。

 

そもそもこの有機野菜というカテゴリーが出来る事すら

おかしいのではないかと思っています。

 

そして、有機野菜の人気が高いのも、

化学的な農薬には危険が隠れているという事が認知されているからですよね。

 

家族に安全な食事を食べさせてあげたい気持ちあなたも一緒ですよね。

有機野菜のように安全な野菜を選ぶように心がけていきましょう。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!