spice-370114_640

化学調味料は昔から存在し、「うま味調味料」とも言います。

多くの商品に含まれ、入っているのが当たり前になっている今、その危険性が注目されています。

化学調味料は本当に危険なものなのか?解説していきます。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

化学調味料の危険性は?

horizontal-162952_640

化学調味料の成分は「グルタミン酸ナトリウム」です。

 

一般の大人が普通に摂取する量は、危険性がないと考えられていますが、

大量に摂取してしまうと「緑内障」や「病的な肥満」の危険性が増すと言われています。

 

そのため、毎日使用する調味料を安全なものに変えたいと考える消費者が増えています。

 

化学調味料の危険性を調べるために、多くの研究家が長年ラットによる研究を続けています。

しかし、その研究結果は、どれも危険性を裏付けるまでに達するものはありませんでした。

 

妊婦や授乳の時期に、化学調味料を控える対策として「化学調味料無添加」と

記されている商品を利用する方も増加しています。

 

化学調味料を摂りつづけると・・・

摂取した化学調味料は、どのように身体に蓄積され、

どのような病気になるのかは、今のところはっきりとしていません。

 

食事をしていてアレルギー反応が出ると、化学調味料ではないかと簡単に決めてしまうことがとても多く、

そのメカニズムが正確ではないのです。

 

「大量に摂取したために病気になったのではないか」と考えられるようになったのは、

「化学」調味料だからです。

 

つまり、自然的でないことが、人工物の危険性を強調されることにつながってしまったのです。

 

海外では、日本以上にその意識が強く、化学調味料を「MSG」と表記し、

食べるとめまいがするなどと騒がれています。

 

でも、それも確かな証拠はなく、日本食を否定する材料として取り上げられているのではないかという意見もあります。

 

このような意識がある中、消費者意識は大きな影響を受け、

日本の調味料メーカーは衝撃を受けています。

 

ドレッシングのラベルに大きく「NO MSG」と表記されるなど、それぞれ対策を考え、

安全性をアピールしています。

 

日本では、海外の否定的な意見を素直に受け止め、

不安な気持ちを大きくしてしまっているのかも知れません。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

化学調味料はとても危険?身体に蓄積された物質が引き起こす症状:まとめ

spices-667115_640

化学調味料が危険かどうかについては、摂取量を守りさえすれば、

問題は有りません。

 

ただ日々、化学調味料が入っている食品を食べ続けると少なからず蓄積されていきます。

明確な根拠は有りませんが、化学調味料だけに自然由来のものではありませんので、

何らかの影響が起きる可能性は0ではありませんね。

 

 

100%、化学調味料の安全性が確認されないのであれば、

安全性が確認されるまで最小限に利用を控えることです。

 

特に小さなお子さんなどは、大人に比べると処理能力や、免疫が低いので、

場合によってはアレルギーが出てしまうかもしれません。

 

徹底的な対策は必要ないとしても、できる限り安全に生活できるよう心掛けましょう。

 

化学調味料を使用した商品の場合、「アミノ酸」「グルタミン酸ナトリウム」などと表記されます。

「化学調味料無添加」の表示は、食品添加物を含んだ場合に消費者の意識をそらせるために

利用していることもあります。

 

購入する際にはよく注意して購入して下さいね。

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!