pepper-mill-933045_640

化学調味料は「化学」と言うだけあって、人工的に作られたものです。

その為、化学調味料を大量に摂取するとアレルギーが起こると言われています。

 

ここでは化学調味料を摂りすぎるとアレルギーを発症してしまうのか調べてみました。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

化学調味料とアレルギー

allergy-1738191_640

化学調味料はグルタミン酸ナトリウムが主原料で、

アミノ酸(うまみ成分)があることが特徴です。

 

そのため、料理の味を調えるために使うなど昔から利用されています。

日本の商品は海外でも人気があり、昆布やカツオのだしのきいた風味は特に好評です。

 

近年、その海外で化学調味料によるアレルギーがあると噂が流れました。

たちまち世界中にその話は広まり、日本でも衝撃を受けました。

 

メーカーでは、原料や製造過程を発表し、化学調味料によるアレルギー反応を徹底的に研究しました。

そこで判明したのは、グルタミン酸ナトリウムを大量に摂取したことによる「緑内障」「病的な肥満」でした。

 

ただこの病気になるために摂取した量は、一般的な食事による摂取では考えられない量で、

噂は不確かなものではないかと判断されました。

そして、現在までその噂が実証されていません

 

化学調味料でアレルギー発症は噂話?

 

でも、それならどうしてその噂がまだ残っているのでしょう?

それは、「安全性」よりも「危険対策」をしている方が確かだと判断しているからです。

 

日本では、安全だとアピールされていても、海外から危険だと言われれば、

そちらを信用してしまいます。

 

「これが化学調味料によるアレルギー反応だ!」と判断し、病院で診察を受けても、

結果としてストレスが原因、または他の食べ物によるものだったという話がとても多く、

多くの方が困惑しています。

 

妊活中・妊娠中の方がこのような話に困惑し、正確な情報を求めています。

中には、「全く対策しなかったけれど、問題なかった」と堂々と発表している方もいらっしゃいます。

 

自分が化学調味料によるアレルギーを持っているのか心配な方は、

アレルギー検査をしてみることをお勧めします

 

アレルギー検査は、特定の物質のアレルギーまで確定することができるので、

もし何かのアレルギーが見つかれば対策しやすくなります。

 

本当に化学調味料によるアレルギーなら、「アミノ酸」によるアレルギーだと考えることもでき、

生活・食事制限は大きなものになると考えられます。

 

もし病院のアレルギー検査の結果、化学調味料のアレルギーが見られた場合、

その成分を避けた食品を探さなければいけません。

 

やはり一つ一つ成分を確認しながら購入するのは、

とても大変な事ですね。

 

今では改良された商品の利用者も増え、多くの料理に活用されています。

ですので、化学調味料の使用を制限している商品がとても少なく、

探すだけで一苦労です。

 

でも、大丈夫です^^

化学調味料の使用を制限した食材は宅配野菜の会社でも扱っています。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

化学調味料のアレルギー対策商品は宅配野菜で

olive-oil-1433506_640

宅配野菜では、野菜だけと思われがちですが、

化学調味料や食品添加物にも非常に気を使っています。

 

化学調味料とアレルギーの関係性が不確かなものであっても、

沢山摂取すると体に異変が起きるのは明らかですよね。

 

からだは異物が入ってくると排除する働きが有ります。

その為、少量であれば何も症状が無くても、大量に体に入ってきた場合は、

体の反応も強くなり、それがアレルギー症状として出る可能性が有ります。

 

大量にといっても一度の食事だけではなく、

毎回の食事で蓄積される事も考えられます。

 

検査結果もアレルギー反応が出た場合はもちろん普段からケアが必要ですが、

アレルギーが無くても、これから起こる可能性は十分あります。

 

家族やお子さんの健康的な体つくりには、やはり化学調味料は避けた食品を選ぶ事が、

大事ですね^^

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!