%e3%83%93%e3%82%aa%e3%82%86%e3%81%86%e3%81%8d

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

ビオマルシェの野菜や果物は無農薬なの?

ビオマルシェでは化学合成農薬や化学肥料に頼らない有機栽培で作られた

100%オーガニックの野菜や果物を消費者へと提供しています。

 

高温多湿な日本では病害虫が発生しやすく、

雑草や虫を取り除く手間と時間が大変なので完全な無農薬の食材は少ないのが現状です。

 

政府が認定している安全な農薬を使って作られている食材はスーパーでも出回っていますが、

完全な有機野菜や有機果物を食べたいと考えている方にはビオマルシェをおすすめします。

 

その証拠としてオーガニック100%の品揃えを目指しており、

国内でたった0.24%しかない有機栽培による農産物の10%近くが

ビオマルシェの畑で育っているのです。

・無農薬や減農薬と曖昧で誤解を生みやすい表記ではなく、信頼の証である有機JASマークを取得している
・食材を栽培するだけではなく流通の段階でも有機JASの基準をクリアしている
・禁止されている薬剤で汚染されないように袋詰めの作業や管理を徹底している
・自社や第三者機関を使って放射能が残留しないように特定の検査を実施している

上記のような特徴を持ち、自然のままじっくりゆっくり作ることに焦点を当てました。

 

それぞれの地域や気候を活かして作物を作る適地適作も取り入れられており、

セットを利用すれば複数の食材が一度で届けられるので

利便性は非常に高いのではないでしょうか。

 

お近くのスーパーやコンビニでは有機栽培の食材を見つけるのが難しいかもしれません。

 

その点、ビオマルシェであれば全ての食材でオーガニック100%を目指しているので、

毎日の食生活で健康と美容の両方を促したい方は一度注文してみてください。

 

ビオマルシェの公式サイトはコチラ↓


 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

農薬を使わない有機栽培の食材にデメリットはある?

農薬を使わずに育て上げられた有機栽培の食材には幾つかのデメリットがあります。

・一般の野菜と比較してみると生産に手間がかかるので3割ほど価格が高く設定されている
・自然の恵みを使って育て上げられただけあって形の悪さが気になりやすい
・全国で販売されている数自体が少ないので入手が困難

お近くのスーパーで食材を購入している場合、

「有機栽培の野菜を全く使っていなかった」というケースは少なくありません。

 

そんな時に役立つのが食材宅配サービスのビオマルシェで、

有機栽培の食材のデメリットを解消してくれます。

 

本来の野菜が通る卸売市場を通さないので価格が安く抑えられていますし、

様々な産地からの食材を集めて全国へと出荷しているので遥かに入手しやすいのです。

 

新着商品やセール商品など多数取り扱っているので、

ビオマルシェの公式ホームページで詳細を確認してみましょう。

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!