%e3%83%93%e3%82%aa%e6%94%be%e5%b0%84%e8%83%bd%e6%a4%9c%e6%9f%bb

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

放射能検査をしっかりと行うビオマルシェで食材を注文しよう

ビオマルシェでは有機栽培による野菜を提供する取り組みが行われており、

放射能検査がしっかりと行われています。

 

そもそも、有機栽培とは化学肥料や農薬に頼らずに安全な食材を作る方法を指し、

「オーガニック」という言葉は一度は聞いたことがあるかもしれません。

・通常の野菜と比べて抗酸化物質が多く含まれているので健康や美容に良い
・アレルギーの原因ともなる化学合成品を摂取しなくて済む
・甘くてみずみずしさがあり、美味しい野菜を食べたい方におすすめ

上記のような特徴があり、高額な代わりに安全性が高いからこそ購入する方は増えました。

 

そんな有機栽培による食材をビオマルシェでは取り扱っていますし、

同時に放射能検査で僅かな危険を取り除いているのです。

 

ビオマルシェでどのような検査が実施されているのか簡単に見ていきましょう。

・精度の高いNaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータでスクリーニング検査を行っている
・外部の機関へと委託してゲルマニウム半導体検出器を行う
・自社で行う検査や第三者機関での検査の結果を全て放射性物質検査結果ページで公表している

様々な取り組みで安全性を高めることに焦点を当てており、

残留放射能に関しては国の基準値の10分の1に設定しています。

 

原発事故が発生してから食品の放射線汚染が進行中で、

スーパーで一般的に流通している野菜に関しては

1ヶ月間に1回程度のサンプル検査しか行われていないので絶対に安全とは言い切れないのです。

 

だからこそビオマルシェでは念入りな検査を行っており、

安心の食材を消費者へと提供しているので高品質な食材を購入したい方は利用してみてください。

 

ビオマルシェの公式サイトはコチラ↓

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

100%有機JASマークが付いているビオマルシェの食材

jas%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af

ビオマルシェの食材には信頼の証として、100%有機JASマークが付いています。

 

信頼性が高い代わりに、厳しい条件を全てクリアしなければならないので

国内生産の僅か0.24%というのが現状です。

 

日本の法律では有機JASマークのない農産物や加工食品に対して、

「オーガニック」や「有機栽培」といった名称の表記をすることは禁じられています。

 

つまり、ビオマルシェの野菜や果物は農薬の飛散を防いだり有害な化学肥料を使わなかったりと、しっかりと管理されているので客観的に認められているのではないでしょうか。

・オーガニック野菜がとても美味しいことに気が付きました
・会員価格で利用できるので便利だと思います
・口に入れるものは安全な食材に限ります

これらの高い評判を得ているので、ビオマルシェでオーガニックライフを送ってみてください。

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!