bananas-698608_640

バナナは離乳食として赤ちゃんの食事の中心となる事が多いですよね。

 

 

味も甘く栄養もあって、簡単につぶせるので

使い勝手の良いのも離乳食に向いています。

 

 

しかし、日本で売っているバナナはだいたいが外国産です。

 

 

外国産のバナナは、問題ないと思っていても

不安は少なからずありますよね。

 

 

バナナというのは私達日本人としたらとても身近で有って、

すごい人気の果物と言えるものです。

 

 

外国産のバナナと聞くと、気掛かりなことは特に農薬ですね。

 

 

赤ちゃんに食べさせるバナナが農薬まみれだったとしたら、

ぞっとします。

 

 

ここでは、近年のバナナの農薬についての話と、

バナナを問題なく購入する時の注視すべき点を解説していきます。

 

バナナの消毒方法

昔はバナナを収穫した後で農薬のプールに浸して

消毒していると伝えられていたのですが、近年違います。

 

 

近年の外国産バナナというのは、

シアン化水素を使用して燻蒸(くんじょう)と呼ばれるやり方

使っています。

 

 

「燻蒸」と言うのは耳にしたことがないですよね。

 

 

燻蒸というのは、倉庫を密閉して、

薬品の煙をたいて虫を退治する方法です。

 

 

イメージとしては、ゴキブリを駆除する時に使う

バルサンのようなものです。

 

 

ここで使用されるシアン化水素は

実は化学兵器という形で利用されたこともあるような猛毒なんです。

 

 

猛毒を消毒に使用して大丈夫?という気持ちになりますよね。

 

 

一般的にはシアン化水素というものは揮発性がたかいので、

バナナに残留しないといわれているようです。

 

 

しかし、猛毒には違い有りませんから、

残留しないと言っても心配は心配ですよね。

極力輸入バナナは避ける方がいいでしょう。

 

バナナの安全な食べ方

cereal-898073_640

バナナは分厚い皮に覆われていますので

農薬といった有害な成分の危険度は、

バナナのケースでは、ほとんど皮の所にしか残りません。

 

 

ですので安全にバナナを食べるには、

皮をむけばほとんど危険性というのはないと言えます。

 

 

しかし、 バナナは軸の部分が腐ってしまうのを阻止することから

収穫したのちに防腐剤や防カビ剤など有害物質を

使用するケースが多く見られます。

 

 

このような農薬というのは、

軸にほど近い中身の所に染み込んでいる可能性があります。

 

 

ですのでバナナを食べるとき上の部分を1センチ程度取除いて

食べてもらうのが最も安全な食べ方だと言えます。

 

バナナの安全な選び方

japan-112722_640

スーパーなどで売っている安価なバナナは

大抵がフィリピン産になります。

 

 

なお外国産のバナナの90%はフィリピン産です。

 

 

なかにはエクアドル産も存在するのですが、

フィリピン産に比べるとやや高値になっていますね。

 

 

でも、一番安全なバナナを選ぶとすれば間違いなく日本産となります。

 

 

なぜなら、外国産のように、輸送に時間がかかる事はありませんので

消毒に大量の農薬を使用する必要も有りません。

 

 

ですので日本産が安全です。

 

 

特に離乳食など赤ちゃんに食べさせてあげる場合、

外国産は安全とはいえ、

化学兵器に使用されるような農薬を使っていますので、

危険が全くないとはいえないのではないでしょうか。

 

 

そういった観点から、

離乳食に安全なバナナを食べさせてあげたい場合は、

必ず日本産のバナナを選ぶようにして下さいね。

 

 

安全な野菜や果物選びはコチラを参考にして下さい。

宅配野菜サービスのおすすめランキング!1位はお試しが激安の○○