pregnant-1561767_640

妊娠中に摂取する葉酸は、サプリで簡単に取り入れるよりも、多く含む食品からなるべく摂取することが必要です。

なぜなら、サプリの製造過程で添加物が含まれる可能性があり、身体に悪い影響が考えられるからです。

 

お腹の赤ちゃんのためにも、安全なものを選んであげましょう。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

葉酸サプリの危険性とは?

葉酸サプリには、葉酸だけでなく他の成分も含まれている場合があります。

例えば、「葉酸と鉄分のサプリ」は、どちらも貧血対策にいいように思いますが、両方を一緒に飲むことは、体内への吸収を低減させる作用があります。

そのため、「葉酸」だけのものを選んだ方がいいことを覚えておいて下さい。

 

他には、添加物も入っています。サプリを固めるための成分、「還元麦芽糖水飴」は、下痢を起こしてしまう場合があります。

これは、ホルモンバランスが変化した時の症状です。

この成分によって下痢になった場合は、身体の合わない商品だと判断し、すぐに飲むのをやめましょう。

 

一番気になるのは「放射能検査」です。食べ物の安全が問題視されるようになり、多くの食品が放射能検査をするようになりました。

生で食べるものはもちろん、原料の段階で放射能汚染されていないか検査されます。

サプリの中には放射能検査済の商品もありますが、まだまだ少ないのが現状です。

葉酸のサプリでもそうです。妊娠中は食べたものが赤ちゃんの栄養になります。しっかり検査済みの商品を購入しましょう。

 

葉酸サプリよりも食材から葉酸を摂る

vegetables-1125420_640

サプリは安全性が確認されている商品でも、人によって身体に合わない場合があります。

また、添加物も心配です。それなら、食材から葉酸を摂取しませんか?

アレルギーがないのなら、多くの食材から葉酸は摂取できますよね。

野菜・果物・きのこ・納豆・お茶など普段の食事で葉酸対策していきましょう。

葉酸は少なくても多くてもいけない成分です。毎日どれぐらい葉酸を摂ったのか、記録しておくと安心です。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

食事から葉酸を摂取する場合の注意

 

食事から葉酸を摂取する場合に大事なのは、その食事自体が安全なものが使われているかどうかです。

葉酸サプリの安全性が確認されていないから、食事から葉酸を取るわけでその食事自体が安全なものでなければ意味がないですよね。

安全な食品とは、放射能検査がキッチリとされていて残留農薬の検査や栽培環境が整っている環境で作られているものです。

やはり安全な食事を作るには宅配野菜がおすすめです。

宅配野菜は野菜だけでなくお肉、魚や加工食品も扱っているので、食事の幅も広がりますね。

 

安全な野菜を扱っている宅配野菜はコチラを参考にしてくださいね^^

宅配野菜サービスのおすすめランキング!1位はお試しが激安の○○

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!