worried-girl-413690_640

アトピーになる原因は十人十色。

アトピーが悪くなるきっかけなのは、食事の子供もいるとしたら、

ハウスダストが原因の子供もいます。

 

そのほか乾燥だったり、運動が足りないことだったり、

水道水の塩素であったり、決まったアレルゲンだったりというように、

とっても個人個人によって差の出てくる疾患なんです。

 

当然いくつもの原因が重なって起こるケースも珍しくありません。

アトピーというものは、アレルギーのひとつですので、

アレルギーを招く原因が沢山ある事と同じという事だとですね。

 

何はともあれアトピーの悪い箇所を良くするならば、

症状を進行させるきっかけを見極める事が、自宅でアトピーのケアする為には欠かせないのです。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

アトピーの原因は遺伝だけではない。

child-818435_640

アトピーの子供は生まれつき体質については、抵抗力が乏しかったり、

胃腸が弱買ったり、皮膚が薄い、といった傾向があったりします。

 

数々のママさんたちが、子供のアトピーというものは

「遺伝からくるものだからしょうがない」と諦めてしまいます。

 

アトピー体質ですがお子様に遺伝してしまう可能性は、

両親の一方にアトピー体質が見られるケースでおよそ30%の確立になります。

両親が2人共アトピー体質のケースではで大体50%の確立になるともといわれています。

 

加えて、我々日本人の約10%の人がアトピーの構成要素を抱えている

ということも報告されていて、アトピーは考えている以上にかかる可能性の高い疾患だと言えます。

しかし、両親・祖父母いずれもアトピーとは違うのだけれど、

子供がアトピーになってしまうこともあります。

 

アトピー体質の遺伝というよのは、さまざまな形式があって、複雑に組み合わさっております。

ですが、いくらアトピー体質であるとしても100%発症するということにはなりません。

 

アトピーは、環境や生活習慣といった事と密接に関係しているので、

発症しにくい基盤を考えてあげることが必要です。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

アトピーの発症しにくい基盤を作るために

hokkaido-1753673_640

アトピーと食べ物はとても強く影響しあっています。

具体的に言えば授乳中のお母さんの食事内容に影響されて赤ちゃんのアトピーの悪くなるぐらい、

アトピーの子供たちにしましたら、食事のセレクトという事は大事なのです。

 

アトピーが悪化する食材は、このことも人それぞれですが、共通したものも多数あり、

油と砂糖などがいっぱい混ぜられたチョコレートというものはその代表的なものと言えます。

 

これ以外にも油が多くあるカレーライス、牛肉、コンビニ弁当などのような

添加物の多いもの、野菜の農薬、お菓子等々、あげましたらいくらでもあるんです。

 

ではアトピーを発症しにくくするためには一体どうすればいいのでしょうか?

それはアトピーが悪化する食事の逆をすればいいのです。

 

油や砂糖が多く含まれたり添加物の多いものを避けて、

野菜は農薬を使用していないものを選ぶことが、

少しでも発症しにくくする可能性がるのです。

 

お子様の為にも出来る限りサポートする事が、

家族の健康にも繋がっていきますね。

 

 

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!