最近の野菜は当たり前のように農薬を使って育てられています。

 

 

スーパーなどで売っている野菜は全種類の野菜が

農薬を使用せず育てられる事はまずないと言っても過言ではないでしょう。

 

 

沢山の野菜を作ろうと思えば、農薬なしでは考えられないですからね。

害虫も湧いてきますし、雑草だって元気よく生えてきます。

 

 

それらの管理を、人手だけで賄おうと思えば

とてつもない労働力が必要になります。

 

 

しかし農薬は、まくだけでその手間が省けてコストダウンにつながるので、

農家にとっては手放せない存在ですね。

 

 

でもそれだけ効果の強いものですから、

当然人間に影響がないとは言えません。

 

 

特にアレルギーを持っている方にとってはただ事ではないですよね。

 

《お試しセットが送料無料で税込1,980円!!》

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

残留農薬とアレルギー症状の関係性

アレルギーと言っても色々あります。

食べ物に関するアレルギーだけでも、

  • 卵アレルギー
  • 小麦アレルギー
  • 米アレルギー
  • そばアレルギー

などなど

他にも数え切れないくらいあります。

 

 

症状の多くはその食品に含まれる物質自体に拒絶反応が起きる事で

アレルギーとして現れるのですが、もともとアレルギーを持っている方は、

自分の体に害のあるものを敏感に感じ取ってしまい、体が拒否反応を起こします。

 

 

その結果、場合によっては、

アトピー性皮膚炎や腹痛、発疹、吐き気、などの

様々な症状を引き起こしてします。

 

 

この場合、農薬が体に害のあるものとして反応してしまうようです。

 

 

また、外国産の食品は国産に比べると輸送時間が長くなるので、

その間に腐ってしまったり傷んだりしないように、

たくさんの農薬が使用されています。

 

 

アレルギーをお持ちの方は農薬が体に反応を起こす可能性が高くありますので、

特に外国産の食材は避けて下さい。

 

《お試しセットが送料無料で税込1,980円!!》

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

残留農薬でアレルギーが出る方が最も避けるべき○○はこちら

残留農薬が残っている食材は、アレルギーをお持ちの方は特に避けるべきと

お話しましたが、その残留農薬が多い食材は毎年ランキングで発表されています。

 

 

EWG(Environmental Working Group)という、

アメリカの環境保護団体が発表しているのですが、

こちらを参考にして食べない方がいい食材を確認して下さい。

 

 

ちなみにアメリカの団体が調べているので、

日本で馴染みのない食材も含まれています。

 

 

10位から発表します。

 

ワースト10位 パプリカ

ワースト9位 トマト

ワースト8位 ほうれん草

ワースト7位 さくらんぼ

ワースト6位 ブドウ

ワースト5位 セロリ

ワースト4位 桃

ワースト3位 ネクタリン

ワースト2位 リンゴ

 

 

さてさて気になるワースト1位は?

 

《お試しセットが送料無料で税込1,980円!!》

 

ワースト1位 イチゴ

 

いかがでしょうか?

 

 

驚いたのは果物がとても多いという事です。

 

 

ネクタリンというのは桃の一種ですから果物です。

ワースト10位中、なんと果物が6種類も入っています。

 

 

果物はビタミンが豊富なので体に良いイメージですが、

一般的に市販されている果物には残留農薬が様です。

 

 

果物はビタミンなどが豊富ですので、健康の為に食べる事もありますが、

体に良いのか悪いのかよくわからなくなっちゃいますね。

 

 

でも、栄養は食事からしかとれません。

果物のビタミンも大切な栄養源です。

 

 

これらを農薬が多いからといった理由で放棄してしまうのは

もったいない気がします。

 

 

残留農薬さえなければ、果物はとても体に良いものですから、

農薬を使っていないものを選ぶようにすれば解決できますね。

 

 

農薬をほぼ使用せず果物を育てているのはコチラ

↓       ↓       ↓

《お試しセットが送料無料で税込1,980円!!》

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!