banner-1559395_640農薬が体に悪いというのはあなたも知っていると思いますが、

残留農薬がアトピーの症状を悪化させるのはご存知でしょうか?

 

残留農薬の量は国の定めた基準値でキッチリと決まっているのですが、

それでもやはり残留農薬がアトピーに影響を及ぼすというのです。

 

ここでは、残留農薬とアトピーについて紹介します。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 農薬はなぜ使用するのか?

questions-1328465_640

なぜ農薬を使用するかというと、一番の目的としては、

病気や害虫から農作物を守り見た感じのきれいさを保つために使用されているのです。

 

なんと国さえも進んで農薬の活用を勧めていまして、2014年9月の時には

農林水産省が使用・販売を許している農薬の数は、なんと4300以上になっています。

 

言うまでもなくこの農薬を推奨する姿勢は、日本のみならず、

全世界の特に発展途上国の農業におきましても同じ様なスタイルなのです。

 

現実的に農薬の業界というのは、世界中で拡大しており、

国内では近頃は横ばいなのですが、とても大きなスケールに違いありません。

 

 残留農薬の基準値以下でも危険?

 

いまでは、私共が食べる食事の大部分には農薬が使用されているに違いありません。

 

この農薬は原則的には農作物を成長させる途中で消え去りますが、

出荷する時点でもある程度は残存しています。

 

しかしこの残留農薬については、農水省が2006年にポジティブリスト制を取り入れ、

以前よりも厳しい目で制限しているのです。

 

そのため近頃の国内については、普通は残留農薬が原因の健康被害が発症する可能性は抑えられている、

という考え方が国の見解なのです。

 

しかし一般の方には全く問題が無いとしても、問題な点は、

アトピーの症状を抱えている方には、こういった「通常のケース」に

当てはまらない事があり得る、という点です。

 

またそういった可能性は、症状が重度化すればするほど高くなります。

 

個人的に、これに関しては「アトピーと化粧品」の関連性に相当すると捉えているわけです。

 

具体的にいうと、化粧品も製品化することになると当然強烈な基準が設定されていますが、

重度のアトピーの症状を持っている方においては大半が刺激が強烈すぎて、使えば悪化させてしまいます。

 

このように国の基準値と言うのは、何も症状がない方にとっては安全を図る物差しになりますが、

アトピーなどの症状を持ったかたからすれば、まったく参考にもあてにも

ならない基準値である事がわかります。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

アトピーの症状を改善させるには、無農薬や低農薬を選ぶ

rubik-cube-1703600_640

残留農薬をどれほど回避しようと心がけたところで、

今の時代では自分達は毎日摂取し続けているのです。

 

ですからアトピーの症状を持っている方は、アトピーの症状改善のために、

悪化要因になり得る農薬をなるべく体内に入れないように心がけた方が良いです。

 

そして 農薬の摂取を避ける方法に関しては、

なるべく無農薬や有機のものを選ぶとように心がけて下さい。

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!