%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%83%8e%e3%83%96%e3%82%a4%e3%83%aa

東日本大震災の時に起こった福島第一原発事故の影響で、

放射性物質が大量に飛散して周辺地域や住民、社会的・経済的にとっても、

大きな影響を与えたのは記憶に新しいですね。

 

私たちが食べる野菜が本当に安全で安心して食べられるものか、

とても心配になります。

 

特に福島第一原発のある福島県の野菜が放射能に汚染されていないのか、

汚染されたものが出回っていないかは特に気になる所ではないでしょうか。

 

そこで、ここでは放射能に対する野菜の安全性を守るには、

どうしたら考えていきます。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

放射能に野菜が汚染されていると体への影響は?

%e6%94%be%e5%b0%84%e6%80%a7%e7%89%a9%e8%b3%aa

放射能による影響として、外部被ばく内部被ばくが有ります。

 

外部被曝とは

体の外から放射能を浴びる事を言います。

放射能はレントゲンなどで人工的な放射線を受けたりするのは知っていると思いますが、

宇宙や地面からも微量ながら放射能の影響を常に受けています。

 

内部被ばくとは

体の内部に放射性物質があり、常に放射能の影響を受けている状態です。

内部被ばくは食べ物からの影響が大きく、

食べ物に付着した放射性物資を一緒に摂取することで体内に蓄積されていきます。

また空気中にも微量ながら放射性物質が含まれますので、

息を吸う事で体内に取り入れられます。

 

体内に入った放射性物質はどれぐらいでなくなるの?

ごく少量の放射性物質が体の中に残っただけであれば問題ありませんが、

体の中に残った放射性物質は半分になるのに100日かかります。

300日でやっと90%が体外に排出されますが99%以上が排出されるまでは、

2年ほどかかるようです。

 

内部被ばくの影響は

内部被ばくで長期間体にダメージを受け続けると色々な症状が出ます。

頭痛、めまい、うつ、咳、気管支炎、肺炎、下痢、食欲不振、

吐き気、嘔吐、疲労感、倦怠感、脱毛、腎臓炎、膀胱炎、中耳炎、

ヘルペス、骨の痛み、生理不順、甲状腺の以上、リンパ節の腫れ、

発熱、ホルモン・神経反応の異常

などなど

 

主に、免疫が低下してしまうために起こる症状が多いです。

 

このように野菜などの食べ物に付着した放射能を食べ続けてしまう事で、

内部被ばくが起き、さまざまな症状が現れます。

 

放射性物質が恐ろしいのは目に見えない事ではないでしょうか。

もしかすると放射能に汚染されてしまっていても、一般人にはまったくわかりません。

 

特に体の小さい子供たちは大人よりも影響が大きいと言われいます。

自分の大事な子供には安全なものを食べさせてあげたいのが当然ですよね。

 

放射能に対して野菜を安全に食べるさせるために

%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88

では、少量でも野菜についた放射能の影響を出来る限り少なくする方法が有ります。

野菜によっては出来ないものもありますが、ざっと上げると、

・流水で洗う

水道の水で野菜を洗います。

・こすり洗い

流水だけでなく、スポンジなどでごしごしこすって洗います。

もちろん食器用途は別で洗剤は無しですよ。

 

・塩水・酢水にさらす

水を入れたボウルに塩や酢を入れて、野菜をつけておきます。

 

・ゆがく

沸騰したお湯に野菜えお入れて数十秒程度で引き揚げます。

 

全てする必要はありませんが、これらの方法で放射能の影響をごく少なくすることが出来ます。

 

 

西日本の野菜を買う

下処理すれば問題ないですが、そもそも原発事故の影響を受けていない

西日本産の野菜を購入すれば安全性は高くなると思います。

 

放射性物質の検査体制がとられているもの

西日本の野菜でも絶対に安全とは言えません。

風に乗って放射性物質が飛んでくることも考えられます。

 

それならば、毎回きちんと放射性物質が付着していないか検査している所が、

いいです。

 

さらに、安全性を高めるには国が定めた基準値よりも厳しい基準値で検査をしていて、

検査結果を隠さずに公表していることが望ましいです。

 

家族の健康にかかわる事ですから、それぐらいしても当然です。

 

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

放射能に対する野菜の安全性:まとめ

%e3%81%a1%e3%81%8d%e3%82%85%e3%81%86%e7%92%b0%e5%a2%83

放射能は怖いもので危険なものというのは変わりが有りません。

 

万が一、放射能に汚染された野菜などを食べ続けると間違いなく体に異常がでてしまいます。

でも、それを防ぐ方法は間違いなくあります。

 

洗ったり、ゆでたり下ごしらえする方法や、

汚染されていないかどうか検査しているものを買うなど、対策は十分に取れます。

 

国が定めた基準値はありますので、出回っている野菜は安全なのは間違いないと思いますが、

検査結果や数値が基準値の中のどのぐらいの数値化はわかりません。

 

ですので、そこはやはり、国の基準値だけをあてにするのではなく、

もっと厳しい基準で目に見える数値を参考に出来るものを選ぶ方が、私はいいと思いますね。

 

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!