%e3%81%af%e3%81%a6%e3%81%aa

有機野菜と無農薬野菜、安全な野菜を探しているとかならず出てくるこの言葉ですが、

どちらも同じもののように思われがちですが、じつは違うんです。

 

ここでは有機野菜と無農薬野菜について説明していきます。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

有機野菜とは

plant-1474807_640

有機野菜は有機野菜=無農薬は間違ってますよ!その理由を説明します。の記事にも説明を書いていますが、

自然の力を最大限利用して作る農作物の事を言います。

 

基本的には農薬も化学肥料も使用しない事が前提ですが、

一部の農薬は使用を許可されています。

 

ただ使用を許可されている農薬は、化学的に作られたものではなく、

自然なものや天然由来のものしか使用を許可されていません。

 

農薬なので100%安全とは言えませんが、最大限安全性が高いものと言えます。

 

また有機と名乗るには、法的な検査に合格しなければいけません。

合格しものについては有機JASマークを使用して販売が出来ます。

 

無農薬野菜とは

carrot-551661_640

無農薬野菜についても無農薬野菜のメリットとはに書いていますが、

栽培期間中に農薬を使用せずに作られた野菜の事を無農薬野菜と言います。

 

基本的には化学的に作られた、農薬や肥料を使わずに自然の力で作られた農作物ですが、

栽培期間前に農薬を使用していても、

今、使用していなければ無農薬野菜として表記出来てしまいます。

 

このように有機野菜と無農薬野菜はどちらも農薬を完全に使用していないわけではありません。

許可された範囲で安全である事が確認されているもののみ使用を許可されているのです。

ただ、どちらが安全なのか気になる所ですね。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

有機野菜と無農薬野菜、安全なのはどちら?

%e5%ae%b6%e6%97%8f

安全なのはどちら?としておきながら答えはどちらが安全なのかは、

どこのどの野菜を買うか、どれとどの野菜を比べるかによって変わってくるのでわかりません。

 

ただどちらにも共通して言えるのは、

スーパーなどで市販されている野菜に比べれば安全であると言えます

 

やはり、市販されているものは農薬を必ず使っています。

国の基準値があるので、残留農薬の濃度が超えたものが出回って、

販売されることはありません。

 

でもやはり農薬に対するリスクは少なからず残ります。

市販されている野菜には化学的に作られた農薬が大半です。

中には発がん性の可能性があるものも含まれています。

 

野菜は毎日食べるものですから、確実に安全なものを食べたいですよね。

 

特に家族や子供たちには農薬のリスクからは出来るだけ遠ざけて、

健康で元気に頑張ってもらいたいです。

 

安全なものと危険性が高いもの、

家族の健康を考えると,

間違いなく安全なものを選んでいきたいですね^^

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!