vegetables-1125420_640-1

体にいい栄養素がたくさん含まれる緑黄色野菜のほうれん草ですが、

癌を抑える効果とある事をしてしまうと、発がん性物質が生成されてしまうと言われています。

どうすれば発がん性物質を抑えながら体に栄養を取り込んでいけるかを説明します。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

ほうれん草から発がん性物質を作るのは食べ合わせが原因だった

ほうれん草と食べ合わせが良くない食品を一緒に食べると

発がん性物質が体のなかで作られることもあります。

 

一つの例として、ほうれん草とベーコンのソテーを食べたとします。

ほうれん草には体内に入ると亜硝酸に変わる硝酸があり、

ベーコンには食品添加物の一つとして亜硝酸ナトリウムが含まれていることにより、

この亜硝酸とタンパク質の分解物が作用すると

発がん性物質が作られると考えられています。

 

しかし、多くの野菜は硝酸を含んでいるので、

ほうれん草との食べあわせだけが特に危ないというような感じもないのです。

 

また、ほうれん草とビタミンを合わせて摂ることで、

硝酸が身体の中で亜硝酸に変わる事を抑止する事もできるのです。

 

ほうれん草とベーコンのソテーを食べたい時には、

ビタミンCがたっぷりのレモンを絞ったり、サラダや果物と同時に食べるようにしてください。

 

ほうれん草の発がん性は食べ合わせだけではない。

banner-1165975_640

ほうれん草の食べ合わせで発がん性物質が体の中で作られると説明しましたが、

ほうれん草の発がん性はこれだけではありません。

 

過去に中国産の冷凍ほうれん草から基準値をオーバーした残留農薬が検出されました。

 

その残留農薬には、クロルピリホスやマラチオンといった、

発がん性物質や神経毒の強い成分が検出されています。

 

このように内部要因だけでなく外部から発がん性物質を検出する事もあり、

野菜選びには慎重にならなければいけません。

 

それでもほうれん草には、ベータカロチンが多く含まれていて、

ベータカロチンは、がんの増殖抑制に有効であるといわれています。

 

ほうれん草には癌の抑制効果も有り出来るだけ積極的に食べていきたいものです。

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!

 

まとめ

bottle-1481599_640

ほうれん草には食べ合わせによって発がん性物質が発生する可能性がある事を知りました。

ただ、これはほうれん草に限らず、ほかの野菜にも含まれる成分が原因ですので、

ビタミンと一緒に摂取すればほぼ問題有りません。

 

しかしながら中国産の冷凍食品のように、残留農薬が多く含まれていて、体に害のある場合は、

その食品を食べないしか方法は有りません。

残留農薬を体の中で無毒化させる野菜は無いですからね。

 

ですので、残留農薬は目に見えませんから、

そのような可能性のある野菜を選ばないようにすることが安全への近道になります。

 

 

 

《PR》7/8日10時までの限定キャンペーン中!!